ふくおか着物ウォーク(10月号 - 楽水園)

8月と9月は休憩しただけど、今月はふくおか着物ウォークを復活する!今回は博多区にある「楽水園」という日本庭園に行ってきた。

ふくおか着物ウォーク(10月号)
ふくおか着物ウォーク

ふくおか着物ウォークとは

ふくおか着物ウォーク ロゴ

毎月、季節に合う着物を着て、福岡市内の伝統的な場所を紹介するという1年間の写真プロジェクトだ。 目標は福岡市のいつもと違ったところを見せたくて、着物生活を知らせたいだ。

▶ 詳しくはこちら

バックナンバー
1月号 | 2月号 | 3月号 | 4月号 | 5月号 | 6月号 | 7月号 | 8月号 | 9月号


楽水園はもっと行くともっと好きになる日本庭園だ。入園料が安くて、と打つ前行ったり、近くにいたら行ったりしている。
入り口のところが特に好きだ。幾何学的でいい写真スポットで写真がうまくない方も綺麗に撮れる場所だ、 楽水園は結構小さめの日本庭園だけど、とても静かで本当に落ち着く。

今回は初めて茶屋の近くに行って、お客さんがいたから入れなかったけど、外で見たらとてもいい雰囲気だと思った。お茶を飲みながら雨の音を聞きたいなぁ。
 訪ねた日は無料開園ということでラッキー☆ でも結婚前の撮影中のカップルがいて、もし移動させたら嫌と思ったけど、スムーズにそれぞれの撮影ができた。

 Fukuoka NOWの記事を読んだら、レンタル着物屋さんを変えようとおもたけど、雑誌が紹介したお店は身長を聞いた上で来店の以前に着物を数着を選ぶらしい。 そしてレンタル用の着物が好きないそうだ、 まゆの会のいいところはお店の着物の全着をレンタルすることができる。それは私にとって一番いいだと思う。だって、外国人が着物をレンタルするの一回くらいだね?もしお店が好きじゃないのを選んだら困るでしょう?自分の好きな色味と柄を選んだ方がいいと思う。 で、やっぱりにまゆの会にして、今はどうして変えたかったかなと思ってしまう。

 10月はまだ紅葉の季節じゃないので赤・オレンジ系を選ばないようにした。お店に着いたら紫の着物をすぐ発見してこれにしようと思ってけど、店員さんが美しい緑系のを紹介してくれて、結局それにした。 柄には少しオレンジに入っていて、秋が始まったって感じ。そして黒の柄は大人っぽいね。 そういえば、ふくおか着物ウォークが終わる前に一回だけでも黒目の着物を着てみたいと思う。

コーデはポップな感じしたかったので帯は白い水玉でパープルのを選んだ。着付けをしてくれたおばさんがとても可愛い結びもしてくれて満足!草履は相変わらず紫の。 

髪の毛は編み込みを丸くして、髪飾りをつけてちょっと農村的なイメージで可愛かった。

 撮影が終わって、帰るとしたら、6人のおばあちゃんに囲まれてて、15分ほど喋ったり、一緒に写真撮ったり、ポーズしたりして、とても恥ずかしかった! 日本のおばあちゃんが強いなぁと思った 笑 でもおかげさまで自分に自信を持てるようになった。 2か月休憩したわけでやっぱり町内に着物で歩くのとても恥ずかしくて、今回は混んでいるエリアのキャナルシティの辺だったから彼氏に一緒にバスに乗ってもらった。 でも今は平気になった。来月は一人で頑張るよ!

また来月!

楽水園の入口、福岡

ふくおか着物ウォーク、楽水園、福岡
楽水園の入り口


楽水園、福岡

ふくおか着物ウォーク、楽水園、福岡

博多壁
博多壁

10月の着物
10月の着物

楽水園、福岡

ふくおか着物ウォーク、楽水園、福岡


楽水園で着物、福岡

楽水園の茶屋
楽水園の茶屋


ふくおか着物ウォーク ベネの福岡!

こちらの記事にも興味があるかも?