残念なテレビ番組の経験

退職、休みや入社の準備などで新しい動画を考える時間が全くありませんでした。しかもあまり考えたくなかったです。理由は残念なテレビ番組撮影です。がっかりしすぎて、しばらく新しい動画を作るか、作らないか、ずっと迷っていました。でも、時間が経ったらまた作りたくなりましたので来週中に新しい動画をアップする予定です。

さて、あの残念な経験はなんでしょう?

Amazipang ! - Béné


5月にアメージパングという番組のプロデューサーさんから連絡が来ました。Youtubeで上がってる動画を見て、お気に入りになったらしくて番組に福岡のレポーターとして出たいかどうかを聞かれました。目的は「自分の福岡」を見せる事でした。
番組を見た事がなかったのでYoutubeで見たら、そんなに悪くないから許可をあげました。やっぱり大好きな福岡を紹介するのが大好きなので完璧じゃないかと思っていました。

スタッフが喜んでくれて、福岡の珍しい、楽しい事見つけるの頼まれました。それなら上手く出来ると思って、長いリストを送りました。でも、その時から残念な経験が始まりました。
送った事はスタッフさんに良くなかったそうです。良くなかったというか、楽しさが足りなかったです。「バラエティ番組なので一番面白いものを見つけなさい」と言われましたが、最終的にスタッフさんが全て調べまて、また連絡来たときにスタッフに最も良いコンセプトを見つけました。それは「福岡の○○放題」。スタッルにより、福岡には○○放題のお店が他の件より多くて、紹介したら絶対面白いと言われました。
…ん…そうなんですか?食べ放題と飲み放題は全国みたいに多いですが、他は見た事がありませんので本当にいいのかな?とスタッフさんに言ったら、「大丈夫だよ」と言われました…

その時から迷ちゃったり、 見せたい福岡ではありません!私らしくではありません!
また「外国人が驚いた日本」みたいな番組になるのは完全に嫌です。本当にキャンセルしたかったですが、内容がまだ変更される可能性があったのでこのままに待っていました。
撮影の前の月曜日に内容の確認のメールがきました。紹介するお店の情報も添付できました。しかも、一日で終わる予定でしたが2日間になりました。
もう嫌でした。キャンセルしたくてしたくて溜まらなかったですが、私の代わりに出たい人を見つかれず、自分で頑張ろうにしました。
金曜日のおるに台本をようやくもらいました。

土曜日は撮影の日でした。セリフを覚える時間がなくて、完全に失敗になってしまいました。プレッシャで日本語を迷ったり、間違ったりして自分の日本語と自分の事は恥ずかしかったです。
色々な事を拒みましたので(例えばカメラの前で歌うこと)撮影はいつもと違うらしいです。私のやるべき事は
- お店の速い紹介
- カメラを取るふりしてディレクターさんを撮るふり。
だけでした。だから末寺館が多く、ずっとスマホで遊び。

撮影側ったら気付きました。内容を考える事が出来ると思うのが単純でした。考えた事を見せる事が出来ると思うのは単純でした。
時間の無駄と正直思いました。しかも、スタッフさん(男性二人)は本当に優しくなかったです。少しだけでもお話ししようと思ったときに無視されたりして、嫌な雰囲気でした。
一番重要は運転は危なかったです!高速道路で120キロメートル毎時以上でした!ずっと怖かったです。

良かった事は撮りに行ったお店の手任さんが優しかったです。さすが福岡!
ディレクターさんは店員さんに「福岡に○○放題のお店が多いですか」と聞いたら答えは毎回「いや、別に…」でこっそり笑っていました。
やっぱりね!
でも、店員嘘をつかせて嘘撮り直させたディレクターさんが悪いと思いました。
テレビの世界がひどいです。

この経験のおかげでずっと前から思っていた事を確かめる事が出来るようになりました。
準備が足りない時、又は上祐みたいなことをするときは苦手で上手く出来ません。芸能界に興味がありません。
今月、福岡にあるあのモデル事務所に連絡が来ました。あるプロジェクトに参加してほしい話して、すぐに「家の事務所に入ったらどうですか?CMとモデルの仕事が沢山あります」と言われました。
どうして外国人は必ず芸能界に入りたいと思われるの?と思ってしまいました。
福岡と九州のPRの件ならやりたいです、他はやりたくないをちゃんと伝えました。
分かってくれたみたいので一度行ってみます。


この経験の前に頂いているオファーを全てやらないと行けないと思っていました。やっぱり、ブログと読んでいただいたり、動画を見ていただいたりして、感謝の気持ちを見せるためにそして、仕事で幸せではなかったので仕事を忘れる活動を探していました。
現在は仕事は思った以上に満足しているのでやりたくない仕事のオファーを全て拒めるようになりました。
最後に、この経験のおかげでやりたい事を確かめました。
アメージパング、これだけでもありがとうございました。

こちらの記事にも興味があるかも?