博多ポートタワー

2012年に、博多ポートタワーはという福岡の塔の一つは家から徒歩10分にありましたので福岡の探検を始めるためにいい場所と思いました!

Hakata Port Tower





博多ポートタワーは1964年に内藤多仲さんに建てられました。
内藤さんは東京タワー、名古屋テレビ塔や別府タワーなど日本のタワーの建築を考えました。
それで、博多ポートタワーはタワー6兄弟の末っ子と呼ばれています。
名前は何回も変わったそうですが、現在の名前は福岡タワーが建てられた後に決められたそうです。

入場は無料なのに全然込んでいません。
無料ですし、近所でしたので日常の散歩でした。

博多ポートタワーは最初に見たときに東京タワーに似てると思っていました。
建築者が同じ人だと一発でわかりますよね。
高さは100メートルです。展望室は地上70メートルになります。その上は港の方が働いている場所なので立ち入り禁止です。

Hakata Port Tower

Hakata Port Tower

Hakata Port Tower

建物が入ってすぐ博多港ベイサイドミュージアムがあります。
可愛くアレンジされているミュージアムには港の歴史、輸入輸出の情報、船や結びなど、色々な情報が集まっていて、
写真と絵が多いのでとても分かりやすいです。子供向けの遊び場もあります(絵本、ぬいぐるみ、コスプレ…)。

Hakata Port Bayside Museum

Hakata Port Bayside Museum

Hakata Port Bayside Museum 
Hakata Port Bayside Museum

次は本番です。自由にエレベーターに乗って展望室へ。
人は少ないとびっくりしました。でもそれのおかげで、景色をゆっくりみることができます。BGMも良い感じ(落ち着くような音楽)。
晴れているときに遠くの島まで見れますが、個人的に好きな景色は福岡市です。
夜もとても素敵でお気に入りです。そういえば、夜になったら展望室の周りに小さな赤い光がピカピカしていますが、福岡タワーみたいにライトアップがありません。残念ですね。



View of Fukuoka from Hakata Port Tower

View of Fukuoka from Hakata Port Tower

View of Fukuoka from Hakata Port Tower

View of Fukuoka from Hakata Port Tower

運が良ければ、出口はミュージアムではなくて、建物の横にある小さい道で。そこからのタワー(記事の二番目の写真)。そこから選択は二つ : 渡ってベイサイドプレイスというレジャースポットでご飯を食べたり買い物をしたりするか、タワーの裏側にある公園で海まで散歩することです。
私は散歩の方が多かったです。

公園だけではなく、神社もあります。櫛田神社浜宮です。こんな所に神社があるなんて思いませんでした。どんな祈りをしたらいいかわかりませんが、とりあえず静かです。
もう少し進めと海へに着きます。港なので浜とかがありませんし、海水は緑っぽいグレーですが、風が涼しくて気持ちい!
釣りをする人が多いです。どんなお魚がいるのかな?

Hakata Port Tower

Kushida Jinja Hama Miya

Hakata's port

散歩してた時に、海に向かっているベンチであたたかい肉まんを食べながら船と海を見るのが好きでした。
その時は9/10月でしたのでまだいい天気で涼しくて気持ちよかったです。


アクセス

住所 :〒812-0021 ベイサイドプレイス博多 福岡県福岡市博多区築港本町14−1

電話番号  :
092-291-0573

入園料金:
無料

タワーの開園時間 :
10~22時(21時40分)

ミュージアムの開園時間 :
10~17時(16時40分)

博多駅からアクセス :
バス99番(終点まで)

天神からアクセス :
バス90番(終点まで)。

こちらの記事にも興味があるかも?